ワーホリ留学で気づいた「自分がしたい働き方」を実現できる就活ができました。- 瀬戸口 諒さん

2019年10月4日

こんにちは、旅人採用チームです。

 

旅人採用を利用していた内定者の学生さんや既に働いている方、旅好きの社会人の方々にお話をうかがっていく、【旅人採用インタビュー記事】企画第3弾です。

今回は、株式会社オプト内定者の瀬戸口 諒さんにインタビュー。

1年間ニュージーランドでワーホリ留学をしていた瀬戸口さんが、留学から帰ってきてどのような就活をしたのか、留学先の経験がどのように就活/働き方に対しての考え方に影響したのか等をうかがってきました。

 


瀬戸口 諒さん

20卒/地方国公立大学4年
大学4年次に上がるタイミングで1年間休学し、ニュージーランドへワーホリ留学に。
帰国後の3月から就活を始める。
現地では留学だけではなく、カフェで働いたり、他国の人とシェアハウスを経験。
趣味で始めたインスタのストーリー機能を使ったデザインがバズる。
【インスタアカウント→@secchaaan313

 


(瀬戸口さんのインスタストーリー機能を使った作品)


 

 

ワーホリ留学では、人間的なタフさと問題解決能力が鍛えられました。

ー留学先のニュージーランドでは、どのように過ごしていたのですか?

瀬戸口さん 最初の半年は語学学校に通って、その後はワーホリ制度を使ってカフェなどで働いていました。住んでいた場所は、最初の1ヶ月だけホームステイで、その後は外国人や日本人とシェアハウスをしていました。1年間のニュージーランド生活の中で、計5回引っ越しをしましたね笑。

 

ー留学でどんなことが成長しましたか?

瀬戸口さん まず語学力(英語)は成長しましたね。留学前はリスニングもスピーキングも全くできなかったのですが、今はネイティブの方とも難なく意思疎通が取れるくらいになりました。

でも、留学では英語だけではなく、人間的なタフさと問題解決能力も鍛えられたなと思います。
まず、タフさというのは、初海外でワーホリに行ったことで異国の地に一人で飛び出すみたいな、メンタル的なところが強くなったなと感じます。初海外でワーホリに行く人って、あまりいなくないですか?笑

問題解決能力は、一人でニュージーランドまで来ているので、なにかトラブルが合ったときは、どうやったら解決できるか(しかもやりとりは全て英語で)を全部自分で考えて解決しないといけないので、それを繰り返すことで養われたなと感じます。
例えば銀行で口座を開設する時や、シェアハウスを探す時も全部自分で、英語でやりますよね。あと住んでる家のトラブルとか。

 

ニュージーランドでのワーホリ留学の経験から、「自分がどんな働き方をしたいのか」がクリアに。

ー留学の経験が、どのように就活に繋がりましたか?

瀬戸口さん ニュージーランドでの経験から、「働く上でどういう働き方が自分に合うのか」「自分がどういう働き方をしたいのか」に気づけました。ニュージーランド人には、自由にはたらいている人が多く、自分も会社に縛られず、自由に働くやり方が合っているなと思ったし、ニュージーランド人の働き方ってすごく良いなと思いました。

ニュージーランドでは、動画製作をフリーランスでやっている人がいたり、会社で働いている人でも「その日体調良くないから休んで次の日頑張ろう。」というのが当たり前で、そういう自由さがいいなと思いました。ニュージーランドの人たちは、自分のやりたいことにまっすぐな印象です。

ニュージーランドで実際に働いていたからこそ、ニュージーランド人の働き方も見れて、そういう働き方がいいなと気づけたんだと思います。ただ留学で学校に行くだけだったら、気づけなかったなと思います。

 

ーワーホリ留学中の経験から、自分がしたい働き方が明確になったのですね。

瀬戸口さん そうです。帰国後の3月から就活を本格的に始めたのですが、企業を見るときにそういうふうに自分のしたい働き方ができるかどうかという観点で見ていました。そうやって見ていく中で、オプトのソーシャルはいろいろなことをやっていて、かつ比較的自由に動けるなと感じ、いいなと思いました。

 

 

選考や面談を通して、思考が整理されていきました。

ー旅人採用をどのように使っていましたか?

瀬戸口さん 旅人採用では担当カウンセラーのこーたさんにESの添削とかをしてもらいました。海外から帰ってきた直後で就活何もしていない時に、とりあえず話聞きにいってなんとかしてもらおうみたいな感じで利用し始めました。

帰国後3月から就活を本格的にはじめて、そこからは旅人採用で紹介された企業を東京に来て受けて、という感じです。3月は履歴書やESを一緒に書いて、4月にはいってから本格的に企業の選考を受け始めました。就活では全部で6,7社くらい受けました。

旅人採用カウンセラーと面談をしていく中で、ワーホリ留学の経験を振り返って自分がどんなキャリアを歩みたいかとか、思考が整理されていきました。

また、企業の選考を受けていく中でも整理されました。いろんなジャンル/業種の企業を知れて、自分がやりたいことを考える時に取捨選択ができるようになりました。たくさんの企業を見て、自分の軸や考えに沿って取捨選択した結果、最終的にそれに合う行きたい企業が、オプトでした。

オプトは働き方も業務内容も自分とマッチしていて、数年オプトで働いてマーケティング全般を学び、将来フリーランスになった時に活かせたらいいなと考えています。

 

 ニュージーランドのカフェの紹介をするために、ストーリーでデザインを始めた。

ーインスタのストーリー機能を使ったデザインが話題ですが、なぜストーリー機能でデザインを始めたのですか?

瀬戸口さん インスタのストーリー機能を使ってデザインを始めたのは、お金がなかったからです笑。友達に向けてニュージーランドの良さとかカフェの雰囲気を発信しようと思ったのですが、ストーリーでデザインを始めた時は、4月にNZ行ったばかりでいろいろ支払いが多くてお金が無くて、adobeに毎月払うお金も厳しかったんです。それでどうやってデザインしようか考えたときに、インスタのストーリー機能でマルとか記号とかを駆使してデザインできるな、だったらもうこれでデザインしてみんなに発信しよーと思いつきました。

そこから1年間発信し続けて、3月に帰国してからストーリー機能を使ったデザインをTwitterで投稿したら、たくさんの人に拡散されてそれがバズりました。

発信って超大事だなと思います。
自分がこういうことやってるっていうブランディングにもなるし、自分がやっていることを発信して誰かに見てもらったほうが絶対ためになるし、思わぬ形に繋がることもある。僕の場合はそれが仕事に繋がりました。

 

 

 

「どんな企業があるんだろう」をちょっと調べておく。

ー最後に、同じように長期で海外に行って、帰ってきてから就活をする予定の人たちへのメッセージをお願いします。

瀬戸口さん 自分と同じように帰ってきてすぐ就活する人がやっておいたほうがいいと思うのは、「留学先/滞在先にいる間に、どんな企業があるんだろうをちょっとでも調べておく」です。そうしたら帰ってきてすぐに動けるので全然違うと思います。

〇〇業界に興味があるから、〇〇業界ってどんなことをしている企業があるんだろうとか調べてるだけでもいいのかなと思います。がっつり企業研究とかまではしなくていいと思うのですが、自分のやりたいことを考える/企業のことを調べる」くらいを軽くやっておくと帰ってきてからスムーズかなと思います。

 

 

▼株式会社オプトにご興味のある方は、面談にて個別に選考の案内をお送りしますので、旅人採用の公式LINE@から「オプトの選考を希望する」とお送りください。

▼また、旅人採用ご紹介企業と会いたい方は、6社の企業が参加する旅人採用合同説明会にぜひお越しください!(毎月開催予定)

 

旅人採用とは?

旅人採用は、世界中を旅したカウンセラーがキャリアカウンセリングを通してユーザーに合ったお仕事の案件をご紹介したり、就活やキャリアのご相談にのったりするサービスです。ご連絡お待ちしております。

また、旅人採用公式Twitterでは定期的に旅人採用のことをお伝えしていますので、そちらもよろしければチェックしてみてくださいね。

 

- お問い合わせ -
TEL : 平日 10:00 - 18:00
03-6365-6540
MAIL
tabibito-saiyo@tabippo.net
- メディア掲載等のお問い合わせ -
TEL : 平日 10:00 - 18:00
03-6311-9833
FAX
03-5656-9459
MAIL
dive-pr@dive.design

個人情報の取り扱いについて

<利用目的>
・このお問合せでご提出いただく個人情報は、以下の目的で利用します。
 (1)人材派遣、紹介予定派遣、アウトソーシング、人材紹介サービス提供のため、及び必要となるご連絡のため
 (2)サービス向上を目的としたアンケートの依頼
 (3)各種キャンペーンのご案内、プレゼントの発送
 (4)サービスのご案内
 (5)ご質問、ご相談、お問い合わせへの対応

<共同利用に関して>
・共同して利用する個人情報の項目
 氏名、性別、生年月日、住所、電話番号、メールアドレス、資格、申込情報等
・共同して利用する者の範囲
 株式会社TABIPPO (http://inc.tabippo.net)
・共同して利用する者のすべての利用目的
(1)人材派遣、紹介予定派遣、アウトソーシング、人材紹介サービス提供及び必要となるご連絡のため
(2)サービス向上を目的としたアンケートの依頼
(3)各種キャンペーンのご案内、プレゼントの発送
(4)サービスのご案内
(5)ご質問、ご相談、お問い合わせへの対応
・共同して利用する個人情報の管理について責任を有する者
 株式会社ダイブ

<第三者提供>
・ご本人が応募いただいた企業へ、必要情報を提供します。
・その他法令に基づく場合を除いて、ご本人様の同意なく当個人情報を第三者に提供することはありません。
<委託>
・当個人情報の取扱いを委託することがありますが、委託にあたっては、委託先における個人情報の安全管理が図られるよう、委託先に対する必要かつ適切な監督を行います。
<開示等のお求め>
・当個人情報の利用目的の通知、開示、内容の訂正・追加または削除、利用の停止・消去および第三者への提供の停止(「開示等」といいます。)を受け付けております。
 開示等の求めは、以下の「個人情報苦情及び相談窓口」で受け付けます。

<個人情報をご入力するにあたっての注意事項>
・必要事項が記載されていない場合、最適なご回答ができない場合があります。

<個人情報保護管理者>
株式会社ダイブ 総務部 総務課 課長

<個人情報苦情及び相談窓口>
  株式会社ダイブ 苦情相談窓口
  東京都新宿区新宿3-1-13 京王新宿追分ビル9階

上記にご同意のうえ、お問い合わせ下さい。